アスリートとラーメンと俺

アスリートサポートとラーメンに懸けるスポーツコンディショニングメーカー営業職のブログ

「会いたくて震える」を超える俺的キラーフレーズ。10歳〜15歳

先日、1年くらい前に知り合ってからめちゃラブな友人のソロライブに行って、すごく良くて、改めて歌詞とかちゃんと気にして聞いたらめちゃ良かったので、初めて自分のお金で買ったCDが「愛のままににわがままに僕は君だけを傷つけない」というスーパーエリートが今まで刺さった歌詞、フレーズをただ並べてみました。35歳魂の選択。

・globe [DEPARTURES] 1996年

左利きも慣れたし、風邪も治った

◼︎小室ファミリーが音楽シーンを席巻しまくっていたピークの頃でしょうか。
小6の私は3歳上の兄の影響で、同世代よりヒットソングを聴く機会も多く、また、触れ合うのも早かったのですが、この歌詞が伝えんとしていることは大人になった今でもわかりませんが、なぜかこのフレーズだけ冬になると口ずさみます。

 

エレファントカシマシ [今宵の月のように] 1997年

夕暮れ過ぎて煌く街の灯りは、悲しい色に染まって揺れた

◼︎中1ですね。GLAYミスチル、B'zが男の全てだと思っていた頃、兄貴の部屋から聞こえてきたのがこの歌でした。初めて歌詞を視界の情景と照らし合わせることができて、なんだか大人になれたような気がしたことを思い出します。

 

GLAY [SOUL LOVE]  1998年

通り過ぎる雨の向こうに夏を見てる

◼︎中二の鈴木君はGLAYに傾倒してたのですが、発売のタイミングから何から、この歌詞で一気に夏へのモチベーションが爆上がりしましたね。夏が来るのだ。と。
同じクラスの女の子に恋をしていたのですが、彼女が女友達とGLAYの話で盛り上がってたことを自分のことで盛り上がってるかのように嬉しく感じるほどGLAYでした。

 

・B'z [ギリギリチョップ] 1999年

シマリがないとまたみんなにコソコソ笑われるぞお前

◼︎常に心の中に居続けてくれたB'zパイセンですが、正直「かっこいい」以外の感情がなく、具体的に刺さることはなかったのですが、このフレーズで一気に稲葉さんと松本さんがぐわっと入ってきました。
「シマリ」という言葉が男子に与えるアンダーなイメージも大きいと言えます。

 

サザンオールスターズ [TSUNAMI] 2000年

思い出はいつの日も雨

◼︎学校へ行こう!の名物コーナー「東京ラブストーリー」の人気キャラ「だぜ」のカラオケシーンのおかげでずっと心に残ることとなりました。
タイトル的に今の日本では流しづらくなり、聴くこともぱったり減りましたが、雨が降るとなんかこのフレーズが出てきます。雨の何か印象的な思い出は特にありません。だからすごい。

 

あり過ぎて業務に支障をきたしそうなのでこの辺で一旦。
皆様の心に刺さった「会いたくて震える」を超えるフレーズも教えてください。

 

そこまで安くはない30代だからこそ知りうるいい居酒屋で飯と酒奢るので色々教えてください。

f:id:masahiro_5959:20190705171839p:plain

 

特に僕は一般的に年下と一緒にいることが多い。

しかも俺がよく一緒にいる年下は起業したり、ベンチャーブイブイ言わしたりしてるのが多い。本当にありがたい。

そいつらは本当に尊敬する。
俺が知らないことや到底できないだろうなってことを(多分)「クッソ努力して」やってる。俺も学ぶべきところはたくさんある。

これから「働く」や「暮らす」という価値観が大きく変わっていくことが明白に見えている中で、俺自身も成長しながらその流れに乗りつつ、そいつらとどんだけ楽しいことができるだろうと今から楽しみだ。

 

でもってそいつらの周りで近いレベル感の中で「クッソ努力」してる奴らもまた魅力的だ。本当に尊敬するし、聞きたいことは山ほどある。

 

で、SNSなどを介してそういうメンツの考えや近況を知る。
もちろんそこで知りうるそいつらの情報なんて「ほんの一部」だ。
影で悩んだり、苦しんだり、成功のための失敗をしたり、成長のための失敗をしたり、「不甲斐ない・・・」って言いながら泣いたり色々してるんだろう。
だからこそ一部の情報の中から得る魅力がより尊い

でもさらに下の世代が何をしているのか実はよくつかめていない。
シンプルに今の20代中盤ってどんな感じなの?

もっというと今の大学2〜3年生もどんな感じ?

若い世代のリアルを知りたい。加藤ミリヤだけでは教えてくれない世代のリアルだ。

俺がこれからもっと色々成し遂げて人生を充実させていくにはそこのアンテナを持っていないと死ぬ

西野さんなら色々できるだろうけど、俺じゃまだそこまでできないので、
とにかく何を考えているのか色々教えてください。

何も否定したり、何か説法、説教してやろうなんて思ってません。
申し訳ないけどアドバイスもできません。
とにかく普段の自分の生活の中では知り合えない世代が何を考えているのかを教えてください。勉強させてください。

※アドバイスなどが欲しい人はぜひ⬇️⬇️
https://ameblo.jp/nishino-akihiro/entry-12487148483.html

 

西野さんが大学生の悩みに社会人が本気で乗るという超絶素敵なシステムをアクションしましたが、僕は到底学生の悩みには乗れないので、飯と酒代出すので色々教えてください。

・将来何がしたいか
・将来に対する不安
・今してること
・今考えていること
・社会への不満
etc...

なんでもいいんです。

一応こちらがなんとか聞き出すようにします。
できなかったらごめんなさい。
安くはないご飯食べてただ酒飲んで、

「今の30代クソ終わってる」ってSNSで拡散してください。

今の20代まではきっとまだ年長者にそれなりのバイアスを握られてる状態だと思うので、今の30代の歩き方、生き方、見せ方が大事だと思うんですよ。
なので、まだまだ成長していかなきゃいけなくてそのきっかけは若い世代にたくさんあると思っています。

40代以降は悪いけど余程のことがない限りなかなか変わらない。
チャンスをくれる方は是非ご協力くださいw

けど、これから確実に価値観が変わっていく中で30代が今やっておかなきゃいけないこと、知らなきゃいけないことってたくさんあると思うんすよね。

 

文句ばっかり言ってたって仕方ないし

正直今の若い世代より一般的に30代が持ってることって経験と現金くらいなもんなので、数少ない武器の中から今回は現金を使わせてもらいます。
※経験っていうカードはまた別の機会に切らせてもらいますが、そのカードが若い世代の方々から何かを教わるために使える武器だとは到底思えませんが・・。

でも、きっとこのアクションが今の若い世代が社会で活躍する能力や経験を身につけた時、価値観が変わっていく中で手を取り合って信頼し合えるシーンを作っていくことに繋がると思っています。

異なる世代がそれぞれ活躍する社会になれば、働くことがより魅力的になっていくと思うんですよ。
「共創」ですよ「共創」

要はイケてそうなやつらに今のうちに取り込んでもらおうという魂胆なんですが、
ぜひご協力のほどよろしくお願いいたします。

え?俺(私)も話聞きたい!

っていう30代がいたらそれはそれで連絡ください❤️

あと、「面白そうじゃん。うちの店使ってよ。安くするぜ。」
なんてクッソいけてる飲食店関係者の方もいらっしゃれば遠慮なくお声掛けください❤️

スポーツ業界で働きたい君へ

ãåã¸ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ


ここ数年、スポーツ業界で働きたいという学生や若者が多いことを知った。

俺も今の仕事をする際に「なんとなくスポーツ業界で働きたい」と思ってたから気持ちはわかる。
なんとなく人気のありそうな業界なんだね。

スポーツ界に貢献したい!って気持ちわかる。クッソわかる。

で、スポーツメーカーに入って「思ってたのと違う。もっと現場でアスリートに近いところで仕事がしたいんだ!」ってなってる人もたくさん知ってる。

俺も1年目はアスリートとそんなに接点がなくって、「思ってたようにはいかないなやっぱりw」なんて思った。

けど、今、現場やトップアスリートに必要なのは研修生じゃなくてプロフェッショナルなんだよな。

やっぱり覚悟も経験も実力も足りない奴にはそうそうチャンスは来ない。

その代わりそのチャンスが来るまで牙を研ぎまくった。
「どうすればアスリートにとって必要な俺でいられるか」

「どうすればアスリートが必要なものを知ることができるか」

「どうすればアスリートが必要なことを得ることができるか」

「どうすれば」
「どうすれば」
「どうすれば」
「どうすれば」

その上である程度組織の中でも発言権や自由を得る必要があったので成果も出さなければならない。わかりやすく売り上げを出す。
「そのためにはどうすれば」
「どうすれば」
「どうすれば」
「どうすれば」

でもこれってスポーツ業界にいればよりわかりやすいかもしれないけど、今の子たちはどうとでも調べられるはずなんだよね。

そしてそれは胡散臭いセミナーとか勉強会なんかじゃない。

俺もそういうのやってる関係者周りに何人もいるからあまり悪くいうつもりもないけど、あんなもん役に立たねーよw
※あくまで個人の感想です

人脈とかコネクションとか作るには役立つかもなって思ったけど、あーいうのを介して今でも信頼して仕事してる人一人もいないし。
※あくまで個人の感想です

それよりは今学生でも、何かに打ち込んでても、すでに仕事してても、あれ?なんかこのままじゃやばい?って思ってても、常にエネルギッシュっぽい人の近くに居られるようにしてれば自ずと道は見えて来たり拓けてきたりする。

それをしないでなんとなくSNSとかでフォローしてるつもりになってたり、情報得てるつもりでいる間はスポーツ界にもアスリートにも役に立つ存在にはなれない。

自分のコンテンツを最大化してみよう!

今君がしたいことが本当にこの先自分がしたいことにつながっているのか。

何かを待つのではなく、自分から得に行こう。

石の上にも三年とは言わないし、俺がいたところが石の上だとも思わないけど、自分の中で納得できるビジョンがあればそこにしがみついてでも得られるものは得るべきだし、納得いかなければ辞めちゃえばいい。
で、自分がこれなら役に立てる!って武器をゲットしてそれでまたぶつかればいい!
その武器が君にとってのコンテンツとなり君自身を支えてくれる存在でもある!

もちろん最初からプロフェッショナルだった人なんていないと思う。
けど、これだ!と思ってその武器を持って、最初は弱い武器でも修行してレベルアップして人の役に立つくらいの武器にしてステージを切り開いていこう。

武器は誰かがくれるものではない。
自分で見つけ出して自分で育て上げるものだ。

今のスポーツ業界に足りないことで自分が役に立てそうなものってなんだ?
自分が貢献したいって思ってる競技にとって自分が役に立てそうなものってなんだ?
自分が支えたいって思ってるチームにとって自分が役に立てそうなものってなんだ?
自分が支えたいって思ってるアスリートにとって自分が役に立てそうなものってなんだ?

 

それはセミナーに行かなくても絶対に見つかる。
本気で探して自分自身を見つめていれば。

見つけたものが不安だとしたらそこにアドバイスしてくれる人は絶対に周りにいる。

だから心配せずとも、「どうすれば」を突き詰めよう。
そして「自分なんかが役に立つことはあるのだろうか?」なんてことを心配することはない。

そんな奴に用があり、きっかけやチャンスをくれる人なんていないから。

 

自分の武器はこれです!これを武器にスポーツ界に、アスリートに還元できるステージまで自分を高めていきます!
ってやつがきたら、チャンスをくれる人はたくさんとは言わないけど確実にいる。

一緒に頑張ろう!

売るのはモノでもサービスでもない。ストーリーと彩り。

一応アスリートに愛用していただいているスポーツコンディショニングアイテムを販売しているので、自転車のババァにムカついてないでそこの部分にも触れようと思います。アスリートやスポーツ関連に携わってくれている人や携わりたいと考えている人に刺さったら嬉しいです。

私たちはスポーツコンディショニングアイテムを製造し販売しています。

専門的スポーツショップや、チューンナップショップ(スキーやスノボの板などを磨く人、インソールを作る人、シューズの底を直す人、テニスやバドミントンのガットを張る人)、スポーツインストラクター、ジムのトレーナーさんなどを通して対面販売を行なっているほか、大手販売店でも取り扱いはあるし、Amazonなどのウェブショップにも流通しています。

で、売れてるか売れてないかで言うと、中小企業がかろうじて成立して、俺が週末酔いつぶれるくらいには給料をいただけているのでそう言う意味では売れてるんだと思います。

じゃあ、なんで売れてるかと言うと僕のベシャリが立つからでも、怪しく売りつけてるからでもなく、第一には「効果が感じられるから」なんだと思います。
これはテクノロジーの問題なので僕がすごいわけでもなんでもなく開発者と製造者の努力の賜物ですね。
ただ、もちろんつけた人みんなが「すげー!!」なんてなっているわけでもなく、なんとなくつけてくれてる人もいますし、効果全然ない!なんてシコシコブログに書く人もいます。

で、売れている理由第二は「トップアスリートがつけてるから」ですかね。まぁ第一に効果が感じられてるからアスリートの皆さんもつけてくれてるわけですよ。

で、トップアスリートがつけてるから俺も私も・・・とはそう簡単にはいきません。
・効果があって

・トップアスリートもつけてて

・なんか気になってきて

・欲しくなってきて

ってとこまでなら持っていけます。むしろそれで一定の割合なら購入までも持っていけるでしょう。
なので、スポンサー契約料などを払って、「こんなに効果があって誰々もつけてる〇〇!」ってやるんですね。

でもそれだと只「モノ」を売ってるだけなので、〇〇さんとの契約が切れたら成立しないし、紐づいている要素があまりにも脆いし、ロマンチックじゃないんですね。ちっとも。

なので、私の考えがある程度会社に反映できる場なので、私は「モノ」を売るな「コト」を売ろう!とさせてもらってます。

どういうことかと言うと、まず私の会社の製品はそれ自体がなくてもスポーツ、競技、生活には困ることはありません。

野球ならボールやバット、グローブ、陸上ならウェアやシューズ、生活なら水と電気がないと生活できないですよね。

なので別にうちの製品はなくてもいいんです。

でもこれを売らないと会社は潰れるし、社員、社員の家族一同路頭に迷うことになります。

ではこれがなくてもスポーツや競技になんの支障もないならなぜ必要なのかを考えてもらうことが大事になってきます。

なので、私や会社としては「パフォーマンスとコンディションの維持・向上ってすっごい大切」ってマインドをスポーツをたしなむ人や、健康的な生活を送りたい人、アスリートやトップアスリートに届けるようにしています。

言葉尻だけでも「まぁ・・確かにそうよね」と思ってもらうことはできると思っていますが、ここに成功体験などをトップアスリートなどを介して伝えるようにします。

でも、そうするとよくあるランディングページみたいになってしまうので、主にサポートアスリートとはパフォーマンスとコンディションの維持・向上についてめちゃめちゃ話します。

でもこんな中肉中背の中年男性にそんなことペラペラ話ししてくれるほど世の中は甘くなく、そこは信頼関係を結ぶ必要があるので、僕が主にそこを担当したりしてるわけですね。なので、いろんなことを話したり、競技そのもののことを話ししてもらったり、悩みや課題についても話しするのでそこの解決策や打開策も必要になるので暇さえありゃいろんなことをインプットするようにしてます。
「Like a おっさんが若い子と話せるように若い子の話題についていけるようにしてる」ってやつですね。そんなもんです。なので、1mmもすごいことはしてません。

なので、そのあたりをベースにアスリートが自らもっと自分自身について考える機会を新たな切り口というか今までにはなかったチャンネルからも考えてもらう、発信してもらう、表現してもらうようにすることで、より効果的な露出となるわけです。

f:id:masahiro_5959:20190701172746p:plain


商品の重要性を語ったり、お金を積んで話させるのも手法としてはありなのかもしれないけれど、もっと大切なのはその前の段階ですね。

それがわかっていない、共有できていないといくら商品を売り込んでも響きません。
逆にアスリートとも「スポンサーやサポートに関しても大変かもしれないし、お金が欲しいかもしれないけど、そこまで深いところでわかりあっていないと、結局毎年同じ苦しみや悩みを持つことになる&後輩たちも同じようなことを経験するよ。」なんて話をします。ここに関しては過去にも何度か触れているのでここでは深く話しませんが。

なので、モノの情報を届けるのではなく、必要性を考えるステージを作り、そのステージで語られるストーリーを届けています。

目先の利益だけを考えたらもちろん売らなければならないこともたくさんあるかもしれないですが、モノを目にした時にコトが同時に届けられたら素敵じゃないですか。

「〇〇選手がつけてるから」

その中とその先にあるストーリーをアスリートと共創するようにしていますよいうお話でございました。

はい。自慢ですが何か。

てめーはもうチャリンコ乗るんじゃねぇムカつく行動リスト〜チャリで道を塞ぐババァへ愛を込めて〜

ずーっとムカついてたことなんだけど、
チャリこいでるとこいつ馬鹿なん?ってやつめちゃ多いのよね。

あ。チャリは軽車両だからどうとかガタガタうっせーやつは名乗り出ろ。シカトするから。

f:id:masahiro_5959:20190628100545p:plain


・正面から来た自転車とぶつかるかもと思って、
停車して降りてチャリを押し歩くような態勢になるババァ


これは本当にムカつきますね。
まずてめーが降りた時点で面積が2倍になるんだよ!
本来避けれたはずなのに、通れたはずのルートすらてめーのせいで埋まってんだよ!
しかもこういうクソ判断する馬鹿なババァは大抵デブ!で、ブス!
デブでブスなだけで許せねーのに、さらに人の通路すら塞ぎやがって。

 

・停めたチャリを出すとき、チャリ1台分完全にバックして道路塞ぐババァ

これもねー。マジで考えられんのですよ。
ハンドル切りながらバックすればそんなに道路塞ぐ必要もないのに、まっすぐバックするもんだから、チャリ2台分が縦に並んで道路塞ぐ状態になるんですわ。
しかもそこから乗り出してハンドル切って進行方向に行こうとして、もたついてハンドル切りなおすもんだからそこそこの時間を塞いでることになる。
しかもこういうクソ判断する馬鹿なババァは大抵デブ!で、ブス!で、一緒に買い物してる子供もブス。
デブでブスなだけで許せねーのに、さらに人の通路すら塞ぎやがって。

 

・買い物途中でチャリ止めながらくっちゃべってるババァ

「あらー奥さん!」
的なほのぼのした雰囲気じゃねーんだよデブ!&ブス!
チャリ2台が横並びしてる上にデブ2人が立ってたら、どんだけの面積を占有してるのかわからんか?
わからねーだろうな、脳みそまでパンパンに脂肪が詰まってるブスじゃーな!
くっちゃべるのならせめて「邪魔になってないかしら?」って思考を0.1秒でもいいから持つようにしろ。デブ&ブス!
たいして納税もしねー癖に、道を不法占拠するようなデブ&ブスは逝ってよし。

 

・交差点に進入するために曲がるとき大外から90度で曲がってくるババァ

これとかマジで危ないから。歩道の右端くらいを走ってるババァ(大抵デブ&ブス)が交差点に差し掛かり左に曲がろうとするときに直角で進入しようとするんよ。
これ結構いるのよ。
もちろん、巻き込み確認的なのなんて一切しない。それで直進してた人がぶつかりそうになって「うぉ!汗」って急ブレーキ。
んでババァも「きゃ!」とか言い出してブレーキ交差点に差しかかろうとしたババァが止まってるってことはその時点でその歩道はチャリが封鎖してる状態になる。

事故の危険性も含みつつ、道路まで塞ぐようなデブ&ブスは納税だけして息を潜めて暮らしてろ。

 

・カゴに入りきらない袋をハンドルに引っ掛けてよろけてるババァ

あほ。徹底的にアホ。
まぁこれに紐づけるのもどうかと思うけど、チャリで斜行したりフラフラ進むアホも一緒。つまりある程度まっすぐ進むことが前提なのでフラフラ蛇行したり斜行することの危険性を全くわかっていない。しかもこういう奴は大抵デブ&ブス!

 

みなさん安全に自転車を楽しみましょう。
デブとブスは下向いて通勤し、余計な外出を控えて、せっせと納税してください。

 

実写版キングダムを見てきた

結論から言うと、すごくよかった。

山崎賢人くんはまぁテレビで見てたイメージのまま、信を演じたらきっとこんな感じだろうなと言うのがいい意味でも悪い意味でもそのままだった。ので、原作のイメージを大きく揺るがすことはなかった。

で、吉沢亮くんが非常によかった。
テレビで時たま出てくる若手イケメン俳優の一人って感じだったんだけど、本当に良かった。品がある感じで。気品があると言うか。

正直、河了貂と壁はもう少しキャラ立ちするようにしてもらいたかったなと言うところと、長澤まさみ演じる楊端和もまじで良かったし、長澤まさみ最高!って感じだったけど、もうちょっと絞ると言うか筋肉の隆起があってほしかったな。色気とかそう言うものは素の長澤まさみでもいいんだけど、細い腕と足じゃなんか・・・
まぁ普通に良かったけど。

キャスティングも、キャラも原作のイメージに寄り添うかたちに見えるので、普通にいい映画だったけど、流石にこれの続編は無理だろうな・・ここからの戦いは規模もすごいし、、、今回興行収入50億円突破したらしいけど、それじゃあきついレベルの規模感で製作してかなきゃ駄作になる可能性もあるし怖いところっすね。


競技力もコンテンツ力も大事なアスリート

f:id:masahiro_5959:20190612112801p:plain

f:id:masahiro_5959:20190612113250p:plain
※記事内スクリーンショット

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190611-48590643-bbc-int

これって本当に男尊女卑なのかな。

シンプルに高い競技力に大衆は目が行くだけであって、男子と女子って区別じゃなくて、単にレベルの高い競技により注目度が集まっているだけなんじゃないかな。
そこに大金が動くのは当たり前だし、結果、競技力の高い側に多くお金が配分されるのはシンプルと言うか。

男性、女性と言う明確な違いがあるから区別して考えてるわけじゃないけど、俺だって160km投げるピッチャーと110km投げるピッチャーが同時に試合やるけどどっち見る?って言われたらそりゃ男性、女性問わず、160km見るし、それは男尊女卑とかじゃなくてアスリートとしての興味をどっちにもつかだけでしかないなぁ・・。

メッシと岩渕真奈どっち見に行く?ってなったらメッシ選ぶし、C・ロナor澤穂希さんに1万で会える。どっち?ってなったら男尊女卑とかじゃなくてC・ロナ選ぶよ。

それを生み出すきっかけがコンテンツにおける収益によるところなのにも関わらず、収入の格差が男尊女卑だ!って言うのはことスポーツ界においては違うと思うなー。

一般社会において、同じ能力や結果を出したのに、男性の方が収入多かったりしたらそりゃ問題だけど、現時点でクルトワとソロじゃGKとしての能力は差があるし能力に紐づいた注目度で差がつくのは仕方ない。
差をつけることが男尊女卑だなんて言うならもうスポーツやらない方がいい気はする。
どうせこれも切り取られたニュースなんだろうけど。

男女が同じ競技をして競技力以外の部分でコンテンツに差をつけることなんていくらでもできる。

現に全盛期の高橋尚子選手の収入やコンテンツ力は当時含め、今の男子マラソン選手を束にしたって敵わない状態だったけど、競技そのものでいえば高橋尚子選手はフルマラソンを2時間20分ほど、男子のトップランナーは2時間8分くらいだから男子の方が競技力だけならあるし。

箱根駅伝よりニューイヤー駅伝の方が競技力は高いけど、箱根駅伝の方がコンテンツとして成熟してるし、それに紐づいて収益だって集まってるし。

収益は必ずしも競技力だけに紐づいているわけではない、競技力を含めたコンテンツに紐づいている。