アスリートとラーメンと俺

アスリートサポートとラーメンに懸けるスポーツコンディショニングメーカー営業職のブログ

シェアお願いします!の違和感

先日「VS嵐」を見ていたんですね。
結構前の話なんですが。

そこでゲストのタレントさん(その方もジャニーズ)が嵐メンバーの相葉雅紀さんに「どうしたらそんなにCMの仕事が来るの??」と聞くシーンがありました。
その質問に相葉さんが下記のように答えるわけですが、本当に素敵だなと。
「俺、その商品を愛してるもん!!」

いや、これスゲーなと。
CM、広告きっかけとは言え、その商品を知って、、、先述の質問に対してパット即答できちゃうその商品・企業に対するマインド、、、。

これ言われちゃったらうちの商品も相葉さんに愛してもらいたいな!って思いますよ。

でもまぁ。これって当たり前っちゃ当たり前のことではあるんですけどね・・。

 

masahiro5959.hatenablog.com

 

上記ブログでも取り上げたが、弊社はアスリートにネックレスをばらまくようなことはしていない。
どんなに有名なアスリートに興味を持っていただいたとしても「必ず」商品に関する説明をさせてもらい、それでも興味を持っていただければ、一定期間貸し出し、実際に体験してもらって、フィーリングが合うようなら選手の成績や販促効果を見極めて提供という形にしている。

そうすることで確度の高い口コミを形成している。
使用者自身が「本当にいいなこれ」と思ってもらわなければ意味がないからだ。
相葉さんのように商品を愛してもらいたい。必要なアイテムだと認識してもらいたいのだ。

それで最近(前から)増えて気になっているのが「シェアしてください」的なアレ。

あれすっごくきらい。
いや、もちろんシェアする対象のものを知っていて本当にいいからみんなにも知ってもらいたいってんなら別よ。あとは「シェアしてください」って言ってる人のことを良く知っている時も別。

だけど、それは事前に個別なりなんなりで、「こんな趣旨のこんなものやるのでシェアしてください!」って説明してもらってるし。

だけど、いきなりsnsの記事で最後に「シェアしてください」とか書いてあって、ましてやそれを何の気なしにシェアしてる人が多かったりして・・。

いやまぁ、いいんだけどさ、厚みのない内容をただ人に知ってもらうって何の意味もないなぁなんて・・。

 

まぁいいんだけどさ。

弊社商品はそんな感じで広まらないようにしようと日々精進しております。