アスリートとラーメンと俺

アスリートサポートとラーメンに懸けるスポーツコンディショニングメーカー営業職のブログ

私の仕事を説明します。

こんにちは。
今日はいつも良く聞かれている少質問にお答えします

まず、僕の会社はスポーツネックレスのメーカーで、仕事内容はざっくりいうと営業です。

興味を持ってくれたアスリートに使ってもらったりして、販売頂いている代理店さんなどが、より積極的に当社商品を「正しく」、「丁寧」に販売してもらえるようにしています。
最近では多くのバレーボール選手にもご愛用いただいています。

日本代表級の選手なんかには商品をご提供させていただいております。

そうした情報を共有することで、スポーツショップさんなんかは弊社商品に興味を持ってくれて、弊社商品興味を持ったお客様に積極的に販売を仕掛けてくれます。
そんなケースを各競技のアスリートの方々と関係性を構築しながら増やしています。

まぁこれが私の主な仕事なわけです。

んで、良く聞かれること(うんざりしてないよ。)が、「それ、効くの?」です。
これについては、「薬事法」の関係で、専門の機関の効果証明のようなものがないので、厳密にいうと「効果を謳う」、「効果があるように説明」しちゃいけないんですね。

なので本当はよくないのですが、はぐらかすことが多いです。友達にはね。

そうすると冗談で(本当に気にしてません)、怪しいネックレスを売りさばいている売人になりかねないので、ちょっと真面目にどういうものかを説明します。

図を使うといろいろ面倒なので、文章をつらつら書きます。

まず、私の会社で扱っているスポーツサポートアイテムに使われているのは「天然鉱石」と「金属」です。これらを数種類ずつ細粉化して組み合わせてマテリアルに仕上げています。

そんで、重要なのが、天然鉱石から効率よく「電子」を発生させて、金属でその電子を吸収するという電子のインプット&アウトプットを行っているんだという事と、その結果「物質活性化方法及び装置」として特許を取得していることですね。

つまり、天然鉱石と金属が持っている能力を駆使して、「身体の電子バランスを整えましょう」というアイテムなんです。

まぁ。結構ここまでの説明で大抵どうにかなるんですが、「身体に電子を供給する」というアクションは実は重要なことなんです。

そのことがよくわかる動画があります。
お時間のある時にYouTubeでこんな感じで検索して下さい。

f:id:masahiro_5959:20171122111656p:plain


2012年に放映された内容ですが、フジテレビの人気番組「ホンマでっかTV」で、電子とミトコンドリアの関係が放送され大きな反響を生みました。


f:id:masahiro_5959:20171122112103p:plain

日本人は平均約60兆個の細胞から形成されており、その細胞すべてに「ミトコンドリア」というエネルギー生成装置を含んでいます。

f:id:masahiro_5959:20171122112347p:plain

ミトコンドリアがカラダに占める割合は非常に大きいです。

f:id:masahiro_5959:20171122112454p:plain

f:id:masahiro_5959:20171122112518p:plain

f:id:masahiro_5959:20171122112732p:plain


つまり、身体に電子を供給して、身体の電子バランス(良く聞く言葉ではイオンバランス)を整えることは、身体のエネルギー生成を行う上で非常に重要とされています。

ミトコンドリア(をはじめこの世に存在するあらゆるもの)は、電子結合バランスが乱れると、酸化しやすい状態に陥り、やがて酸化して消滅してしまいます。

そうすると、状態の悪い細胞を排除できなくなり、活性酸素として体内に蓄積され、より酸化しやすい身体になってしまうと言われています。

一般的な生活でも、身体は電子を失い続け、ミトコンドリアを含んだ細胞は酸化し、消滅していきます。
酸素や食事から新たなエネルギーを摂取しますが、ミトコンドリアの活動が停滞している状態では、効率の良いエネルギー生成活動は行えていないと言えます。

ですから、効率よくエネルギー生成を行い、身体が酸化しづらい環境を作るには「電子」を効率よく、効果的に身体に供給することが大切なんですね。

なので、電子を発生させることで、物質の活性化方法及び装置として特許を取得している弊社商品はアスリートや、アスリートの関係者に徐々に知られて行って…という状況です。

そんで、僕はそういう話をアスリートやその関係者に話をして、試してもらって…という事をやっています。
実際に使ってもらうにあたって、露出や販促効果につながるようなことを盛り込んだりしながら、少しでもアスリートの役に立ちそうな情報を仕入れたり、直接的、間接的サポートを行ったりしています。

これで少しは怪しさが晴れたら幸いですww