アスリートとラーメンと俺

アスリートサポートとラーメンに懸けるスポーツコンディショニングメーカー営業職のブログ

モーグルの選手といろいろお話した話

先日、モーグル日本代表の星野純子選手がいらっしゃいました。

ソチオリンピックにも出場したトップアスリートです。

モーグルってなんとなく皆さんもご存知かと思います。

 

急斜面のこぶこぶコースを滑り、途中に「エア」と呼ばれるジャンプもあり、
そのスピード、技の正確性などを競うものです。

f:id:masahiro_5959:20170123170802j:plain

 

1998年の長野オリンピック里谷多英選手が金メダルを獲得し、
上村愛子選手はその長野五輪で一躍人気アスリートの仲間入りをするなど、

国内でも知名度は高く、世界でも強豪国の一つとしてあげられています。

f:id:masahiro_5959:20170123172715j:plain

 

そんなモーグル日本代表が先日、弊社ショールームにお越しくださいました。

f:id:masahiro_5959:20170123175143j:plain


美人アスリートとしても名の知られている星野純子選手は昨シーズンの大けがから実戦復帰を目前に控えていました。

モーグル界の現状や未来、オリンピックに出場するまでの今後の取り組みなど多岐にわたりお話しすることができてとてもいい時間を過ごすことができました。

そこでいろいろなお話をして感じたことをつらつらと書き記したいと思います。

ちなみに2018年は冬季五輪が各国・平昌で開催されるので、

今シーズンの戦いが非常に重要になります。

モーグル含め五輪競技の多くは「国別出場枠」があります。
ワールドカップなどの対象となる試合の成績で国別に順位がつけられ、
その順位に応じて国別の出場枠が変動します。

 

世界ランクの低い国は一人も出場できなかったり、一人しか出れなかったり、
逆に強豪国は複数人の出場が認められます。

 

なので、個人競技とは言え、ナショナルチーム全員で国別のポイントを獲得し、
一人でも多くの選手が五輪に出れるように一丸となって戦うのです。

 

少しでも多くの選手が大舞台に立てる機会があれば、競技の認知度も上がるし、
「五輪に出場する」という事は非常に大きな影響があります。

しかし反対に出場できないとなるとそのダメージは想像以上に大きいです。

どういうダメージかというと、強化費の削減が代表的です。


今回お越しいただいた星野純子選手の競技。モーグル(フリースタイルにカテゴライズされています)が加盟しているスキー連盟を例にしましょう。

スキー連盟には以下6つの競技団体を統括管理しています。

 


f:id:masahiro_5959:20170123180535p:plain


この6団体はもちろん競技によって、世界での成績は様々で、ジャンプやスノーボードは世界的な強豪国として知られていますが、アルペンクロスカントリーは世界の舞台ではなかなか結果が出せずにいます。

そうなると、強化費の振り分けは必然的に結果を出している競技と、
結果を出していない競技では大きな差が生まれてきてしまいます。

それ自体は仕方のない部分だと思うのですが、
弱いからと言ってお金を出さないとなると、どのような現象が起きるのか。

■強化合宿や海外遠征などができない

お金がないんだから当たり前と言っては当たり前ですね。
その結果、国内はおろか海外のトップレベルの選手たちと切磋琢磨する機会が減少して世界との差は広がる一方です。

■ジュニア世代の育成に手が回らない

お金がないんだから当たり前と言っては当たり前ですね。
その結果、せっかく恵まれた才能を持っていても、サポートがいきわたらず、
せっかくの才能を開花させることなく競技をやめてしまう選手が増えてしまいます。

■選手への負担増

お金がないんだから当たり前と言っては当たり前ですね。
その結果、とくに冬季競技は練習環境が限られていたり、
道具にお金のかかる競技が多く、
競技生活を断念せざるを得ない選手が続出してしまいます。

➡結果、更に弱体化して、更に強化費が減る負のスパイラルに陥るのです。

それなのに、アルペンスキーなどは国内で自分たちが定めた「五輪派遣基準」(夏季五輪などでも多くの競技が設定している謎の基準)に達していないとして、せっかく持っている貴重な「国別出場枠」を。活用しなかったりもします。

選手を派遣しない理由として、下記言い分をよく耳にします。

■五輪は出場するだけでなく結果を求める

■勝つために選手を派遣する

■予算の問題もある

なんとなく言っていることはわかりますが、五輪に出場することで国内トップ選手が世界のトップ選手から直接吸収できることはたくさんあり、成長の大きな糧となります。

その影響を五輪に出場できなかった他の選手が刺激として受けて、
国内レベルの向上につながるのです。

なので、出場できるチャンスは絶対に生かした方がいいに決まってます。

けれど、ああそうか、予算の問題でね・・。ただの思いで作りじゃねーんだよと・・。わかります。わかるけどじゃあ開会式や閉会式で見る選手がエコノミーで往復してる中、ビジネスで往復してるおっさん達(世界で唯一、出場選手より同行した競技役員の方が多い珍しい国が日本です。)はなんだありゃ・・。

ってなります。

あのおっさん一人減らして選手連れて行った方がはるかに有益なんですけど・・・。

と、まぁネガティブなことを考えたりもしますが、
星野純子選手のようなアスリートが、
少しでもいい環境で競技に取り組めるようになるといいな・・と。
そのためにサポート側もやれることはたくさんあり、
アスリート側もやれることはたくさんある。

まずは競技の魅力を知ってもらう事から!!という事で、
そんな星野純子選手も出場予定のモーグルワールドカップ日本ラウンドが2/18~19に田沢湖で行われます!

J-SPORTS系列でのTV放送もあります!!

www.jsports.co.jp

スピードとテクニックを競う非常にエキサイティングな競技です!!

ぜひご覧ください!!